ねいちゃー村の体験農園

P1000338.jpg
ねいちゃー村の体験農園は、北九州市若松区で平成23年3月からやってる農業体験農園です。
体験農園というと、市民農園とか、貸し農園とかと一緒のように思えるかもしれませんが、全く違うものなのです。
皆さんが農業の楽しさを知っていただければ嬉しいです。
また、ねいちゃー村の体験農園は他の体験農園にない独自の方法で初めての方でも安心して美味しい野菜を作れるように努力しています。
化学農薬を使わずに有機肥料を使って自分の手で作った野菜の美味しさといったらもう・・・・ぜひ、味わってください!!

体験農園とは

農業体験農園とは(一般的に言うと)
  • 農業を体験できる農園です。
  • 作付け、農作業(いつ、何を、どのように植えて、どのように作って、どのように収穫するか、など)は農園側が決めます。
  • 年10回の講習会で農作業を教えます。
  • 畑をトラクターで耕したり、ぼかし肥料を作ったり、非農家だとできないことは農園側がやります。
  • 普段の農作業(種まき、苗植え、水かけ、収穫など)は利用者がやります。(基本的には)
  • 畑で出来た野菜は全部利用者のものです。
  • 種、苗、肥料、道具など、必要な物は農園側が用意します。
ねいちゃー村の体験農園とは(ねいちゃー村オリジナル要素)
  • 畑は年2回トラクターで耕します(通常は一回)
  • こだわりの畑作りをしてます(たい肥、肥料、籾殻、石灰など)
  • 有機肥料を使ってます、化学農薬は使いません(安全安心)
  • どうしても来れない時は作業代行を行います(一週間で500円)
  • もちつき、イチゴ狩り、交流会など、「イベント」が有ります。
  • コースがいろいろ有ります(小さい畑、収穫だけコースなど)
  • 畑の状況に応じた指示をメールで速やかに行います(携帯でも、スマホでも、パソコンでもOK)
  • とまとの販売が優先的に受けられます。

市民農園とかとは違うの?

農業体験農園は
  • 苗、道具、肥料などは農園側が準備して、利用者は手ぶらで畑に来れる。
  • 有機肥料を使い、化学農薬は使いません(ねいちゃー村の場合)
  • 農作業など、ノウハウは農家が指導して、年8回前後の講習会がある。
  • 何をどう植えるかは決められているので、利用者が好き勝手には作れない
  • もちつき、交流会などの「イベント」がある。
  • まわりの利用者が同じものを植えているので、参考になる。
市民農園、貸し農園などは
  • 苗、道具、肥料などは自分で準備して、道具の置き場所も自分で用意する
  • 化学農薬を使う必要がある場合が多い。
  • どういう作業をするかは自分で決める。
  • 何を植えるかは自分で決める。
  • イベントは特にはない。
  • 自分で決めて、自分でつくる。

カンタンに言うと・・・気楽に楽しい農業体験ができるところ

Picture
農業に必要な物はすべて用意
農具、種、苗など農業に必要なものは、全てご用意します。作付け計画も農家の方が立てるので初心者の方でも安心して取り組むことができます。
Picture
講習会付きで初心者も安心
農作業の講習会を開き、農家の方が実際にお手本を見せてくれます。
プロの農家の的確な指導の元なら、初心者の方も野菜作り名人になれます。
Picture
週末菜園の方でもOK
週1・2回の来園で大丈夫!
参加者の多くは週末農園を楽しんでいます。
もちろん収獲したものは、ご自分の収獲としてお持ち帰りできます。

ということで、一度見に来ませんか?

こんな人にオススメです。

  • 畑いじりをしたいけど、失敗したくない人
    農業にはちょっとしたコツがあって、それはやってみないと分からないですし、失敗してみないとわからないことが多いです。
    ですが、一年かけて畑を作って、全然できないと凹んでしまいます。
    農家がやって失敗するときは収量が少ない程度ですみますが、初心者がやって失敗すると、全く収穫が無かったりします。
    体験農園だと講習会があり、講習会以外でも分からないことは農家が教えますので、初めてでも安心ですよ。
    ねいちゃー村の場合は管理人がいますし、講習会以外にもメールで作業の指示があるので、わかりやすいです。
  • 安心野菜を食べたい人
    化学農薬を使わず、有機肥料を使って育てますので、そのままでも食べれるくらい安心です。
  • トラクターが必要な作業は農園側がやります
    畑をする際に大事なことに土作りがあります。
    この土作りはたい肥、肥料、籾殻、石灰など、状況に応じて撒いて、トラクターで耕します。
    美味しい野菜をつくるためには必ずする作業です。
    個人ではこの作業はできないですが、この作業も農園側がやります。
  • 家庭菜園を安く始めたい人
    立派な野菜をつくるのは意外とお金がかかります。
    道具を揃えたり、肥料を買ったり、農薬を買って、種、苗を買って。
    一年終わってみると、とんでもなくお金を使ってることが多いです。
    体験農園では値段に道具代やら、種、苗やらが全部含まれていますので、安心です。
  • 家族と一緒の時間を過ごしたい人
    子どもと一緒に楽しむ。夫婦でのんびりすごす。孫が来た時に芋掘り大会などなど。
    家族、親戚で過ごす時間が増えます。
    収穫があった時は自宅で料理教室などしてはいかがですか?
  • 畑で気軽に野菜作りをしたい方
    植木鉢、プランター栽培とは作れる野菜が違うので、畑を借りてみたい人も多いと思います。
    最近は畑を借りるのは比較的簡単になりましたが、実際に借りるとなると、道具の置き場所、駐車場、水場、などなど課題が色々と出てきます。
    体験農園は道具も全部用意していますので、手ぶらで来て畑ができます。
  • 仕事での疲れを癒やしたい人
    日々のストレス解消に畑仕事はいかがです?
    仕事帰りにちょろっと収穫して帰って、それをつまみにビールでも飲むと格別ですよ。
    仕事が休みの日はぼーっと草抜きするのも、日々のガス抜きになりますよ。
  • 「イベント」があります。
    春に交流会、イチゴ狩り、冬に餅つきをします。
    他にも焼き芋大会とか、農家ならではのイベントを行なう予定です。

Aコースは

  • 約30㎡(約10坪)ほどの広さです。
  • 種まきから収穫まで、一年を通して農業を体験できます。
  • 年10回の講習会に参加してください。
  • 年54,000円(税込)ですが、続けることで年48,600円(税込)まで値段が下がります。
  • 月々に換算すると一か月4,500円(税込)です。

Aコースのおすすめポイント

  • 5人家族(夫婦に子ども3人)でちょうど位の野菜が取れます。
    たくさんとれた時は近所におすそ分けができるくらい取れます。
  • 値段あたりの広さがお得な、一般的な農園の広さです。
  • 一品種につき複数株植えれるので、失敗しにくいです。初めての方にオススメです。

Bコースは

  • 約15㎡(約4坪)ほどの広さです。
  • 種まきから収穫まで、一年を通して農業を体験できます。
  • 年10回の講習会に参加してください。
  • 年32,400円(税込)ですが、続けることで年27,000円(税込)まで値段が下がります。
  • 月々に換算すると一か月2,700円(税込)です。

Bコースのおすすめポイント

  • Aコースの半分以下の収穫です。
  • 広さが半分の小さめの畑です。
  • 自分の家で畑を作っている方は、有機栽培の練習としてもいいでしょう。
  • 値段が安いので、お試しで利用する方も多いですよ。

よくある質問

質問
初心者でも大丈夫ですか?
回答
はい、大丈夫です。
ほとんどの方が初心者から始めています。
講習会では、初歩的なところから教えていますし、わからないことがあれば、小さいことでもドンドン聞いてください。
みんなで農業を楽しみましょう。

質問
一年で3万円とか5万円は高くないですか?
回答
市民農園などで30㎡の畑が年15,000円程度で借りれるので、体験農園のほうが高いと思いがちですが、道具代、種・苗代、講習などを考えると、とってもお得です。

質問
農薬使わないで作るのって難しいんじゃない?
回答
虫食いがひとつもないような野菜を作るのは難しいですが、
少し不格好でも、食べて美味しい元気な野菜なら作れます。
周りの利用者さんも化学農薬は使ってません。きっと作れます。

質問
週一くらいしか行けないけど、みずやりとかあるし、無理じゃない?
回答
週一でも大丈夫。
畑はプランターや植木鉢と違って使える土がたくさんあります。
ですので、毎日みずやりをする必要はありません。
もちろん、毎日来ても良いですが、週一でもおいしい野菜ができますよ。
どうしても来れない時は作業代行を使ってください。
お問い合わせ先

ねいちゃー村の体験農園

住所 福岡県北九州市若松区有毛2325-1
メール naturemura@gmail.com
TEL 093-647-2342
FAX 093-701-8766

駐車場あります

農園見学受付中

農園見学を受け付けています。
お電話で都合のいい時間をお知らせください。

畑の広さはどのくらい?
周りの自然は?
どんな作り方してるの?

などなど、実際に見るとわかることがたくさんあります。
ぜひ一度見学にいらしてください。
TEL 093-647-2342
​メール nature.sizenkai@gmail.com

申し込み手順、方法

  • 畑を見に来る。
  • コースを決める。コース、料金はこちら
  • 契約書に記入する
  • 印鑑を押す。
  • 一万円以上の入金をする(支払いは分割にもできます)
  • メールを登録する。